京都市 東山区でシミ抜き実績60年 洗濯で落ちないシミ抜きや汚れ落としはクリーニング寿へ

飲食店、美容院からのシミ抜き依頼

飲食店、美容院からのシミ抜き依頼

インターネットで検索されて、
飲食店、美容院からのシミ抜き依頼を受けることが多くなってきました。

飲食店からのシミ抜き依頼の多くは、
接客中に誤ってお客様の洋服を汚してしまったというのがほとんどです。

なかには、
お客様が急に動かれ
その弾みで洋服を汚してしまったというケースもあるとお聞きしました(チョットお気の毒です)。

飲食店では、そのようなトラブルに備えて保険加入されているお店もあります。

金銭賠償によるトラブルの解決です。

しかし、
お客様は、お気に入りの洋服を大切にされます。
金銭賠償よりも、現状回復を望まれるのです。

今まで、色んな洋服のシミ抜き処理をさせて頂きました。

このような依頼は、
何が洋服についているのかがわかるものが多く、
付いてからの時間経過も短く、
シミを落とせるケースが多いようです。

ただ、他のクリーニング店でシミ抜き処理され落ちなかったので、再度シミ抜き処理を依頼されることもあります。

このケースでは、
クリーニング店での仕上げの熱処理によって、シミが固着して落としづらくなっていることもあります。

とくに、たんぱく質系のシミ、色素系のシミです。

以下は、飲食店からお聞きしたお話です。

① お客様が、日頃利用しているクリーニング店に出すからということで、
クリーニング料金をお渡しして帰られました。
これで、一件落着!

ところが、数日後、クリーニングに出したけど、シミが落ちなかった!
「どうして、くれる⁉️」と言われてしまいます。

② 汚れた洋服では、恥ずかしくて帰れないと言われた。

そこで、お客様にご一緒して洋服を買いに!
すると見るからに今着ておられる洋服よりも、かなり高い洋服を購入された。

他にも、色んなケースがあると思います。

①のケースで、当店に持ち込まれて、
シミ抜き処理とクリーニングをしてお返ししたこともあります。

美容院からのシミ抜き依頼のほとんどが、
毛染め、ヘアーカラーの付着によるシミ抜き依頼です。

それらのシミ抜き処理は、高度なシミ抜き技術が必要です。

シミ抜き処理は可能です。

ただ、品物の素材、色相によっては、シミ抜き処理できないこともあります。

美容院で一番困るトラブルは、パーマ液の付着による洋服の脱色です。
こればかりは、クリーニング店で解決出来ません。

お客様もちょとした気配りが必要かと思います。

いずれにしても、
飲食店、美容院は、トラブル防止に向けて色々な改善策をとられ、
ミーティングで意識の共有を図られています。

それでも、
残念ですがトラブルが発生するようです。

このことは、
クリーニング店でも言えることです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント


認証コード5709

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional