京都市 東山区でシミ抜き実績60年 洗濯で落ちないシミ抜きや汚れ落としはクリーニング寿へ

モンクレールのダウンのお手入れ

モンクレールのダウンのお手入れ

日に日に暖かくなって、サクラの花もあちこちで咲き始めました。

この冬 お世話になったダウンのお手入れをしませんか?

ダウンといっても、様々のメーカーから売り出されていて、その価格も数千円から20万円を超えるものもあります。

なぜ?

そのような価格差があると思われますか?

その価格差の最大理由は、中に使われてダウンの品質なのです。

モンクレール、カナディアン、タトラス、ディペティカなどの有名ブランドに使われてダウンはホワイトグース(ガチョウ)の最高品質の産毛を使っています。

その中でも、軽い羽毛のみ使用されているために、非常に保温性が高く、非常に軽くなっています。

ダウンの品質を図る基準としてフィルパワーという基準があります。

上記のダウンは800以上あります(モンクレールはフィルパワーを非公開)。

それに比べて、低価格帯のダウンはアヒルの産毛を使っています。

アヒルは、食用にされるために手に入れ易く、その分安価です。

アヒルは、雑食性であるため
その産毛は臭います。

最近では、
羽毛の洗浄技術の進歩で改善されてきていますが、
先ほどの、フィルパワーも最大でも750以上にはなりません。

それだけではありません。

モンクレールに使われて素材のポリエステル、ナイロンは汚れから守る為に防汚加工されいます。

縫製のピッチ目も非常に細かく、細部まで丁寧に縫製されています。

まだまだ価格差の理由はありますが、あまりにも専門的になりますのでこの辺りで終わります。

ブランドのダウンジャケットと量販店のダウンジャケットの羽毛の写真を掲載しています。


画像の説明

画像の説明

画像の説明

画像の説明

写真では、解り難いかもしれませんが、ブランドのダウンジャケットのダウンは10年以上着用したダウンです。

量販店のダウンは、未使用の製品から取り出したダウンです。

目前で観ると、明らかに10年以上したダウンボールのほうが素晴らしいです。

なぜ?

10年以上着用し続けたダウンの品質がよいのでしょうか?

もちろん
ダウンの品質が元々良かった事ですが



最大の理由は、
「適切なお手入れ」をしていたことです。

クリーニングの品質は、一般の人から判断しにくいところがあります。

特に、ダウンジャケットの羽毛は、外側からは見ることが出来ません。

そのため、ダウンのお手入れが適切にされたのか?
よりわかりにくいのです。

クリーニング店選びをクリーニング料金の高い安いという基準に選ばれる人がおられますが、
それは間違いです。

間違ったお手入れすると、高価なプレミアダウンも量販店のダウンのようになってしまいます。


画像の説明


写真にあるように、
当店で数多くのダウンをお預かりしています。

ダウンは8割以上がプレミアダウンです。

決して、量販店のダウンが悪いと言っているわけではありません。

適切なお手入れで、
より気持ちよく着用することが可能です。

家庭でダウンを洗いたいと思われる方もいらっしゃると思います。

私が監修しているサイトの服ある暮らしを御覧になって下さい。

かなり、面倒な手順です(笑)。

来ジーンズも、素敵なダウンジャケットと出会えるように‼️

是非とも適切な
ダウンジャケットのお手入れを。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント


認証コード5088

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional