京都市 東山区でシミ抜き実績60年 洗濯で落ちないシミ抜きや汚れ落としはクリーニング寿へ

自転車のチェーンでついた油ジミは取れるの?

自転車のチェーンでついた油ジミは取れるの?

風薫る5月。
颯爽と自転車を走らせる姿は、男女を問わず爽やかですね!

そこで、注意して頂きたい事があります。

ズボンやスカートの裾の自転車のチェーンへの巻き込みです。

年間を通じて、10数件以上の相談を受けます。

それらの洋服は、お気に入りの洋服ばかりです。

普段着で家庭洗濯されているものを数えれば、相当数あると思います。

チェーンの油ジミは油だけでなく金属錆びも含まれています。
同時に捲き込まれて生地の中に汚れが入り込んでいます。

このため、家庭洗濯では落ちなかったという経験をされた方もいらっしゃると思います。

クリーニング店の仕事は、
汚れを落すとともに再着用して頂けるように洋服をよみがえさせることです。

このような油ジミを取るには、ある程度の技術が必要です。

お気に入りの洋服だからこそ
クリーニング店に持ち込まれているのだと思います。

その事よりもっと、皆さんにお伝えしたい事があります。

洋服が自転車のチェーンに捲き込まれたと持ち込まれる衣類は、生地に穴が空いていることが多いのです。

大切な洋服に穴が開くことは哀しいですね‼️

そして
捲き込まれた反動で、急ブレーキがかかり、転倒の危険性があり、怪我になることもあります。

くれぐれも、自転車に乗られる時はズボンやスカートの裾の巻き込みにご注意下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント


認証コード4272

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional