京都市 東山区でシミ抜き実績60年 洗濯で落ちないシミ抜きや汚れ落としはクリーニング寿へ

マンションのクローゼットの洋服がカビだらけに!?

マンションのクローゼットの洋服がカビだらけに!?

カビが生えてしまった洋服の対応について、
ホームページでブログを書いてから、
カビの除去やカビ対策の相談を受ける事が多くなってきました。

先日、カビについて幾度も電話相談されたお客様が来店されました。

マンションのクローゼットに入れていた洋服がカビだらけになったと来られたのです。

お話をお聞きしました。
クローゼットにぎゅうぎゅう詰めに洋服をいれられていたそうです。
これが最大の原因です。

もともと、マンションのクローゼットは、カビが生えやすい場所です。
というのは、マンションはコンクリートで造られいるため、
常に壁等から水蒸気が出ています。

そのため、閉めきったクローゼットの中の洋服に湿気がこもりやすく、
それによってカビが生えやすい場所になるからです。

クリーニングから戻ったカバーを掛けたままにするのもダメです。

カバーから湿気が外に出でません。
また、クリーニング仕上がり後、
空気中の湿気を洋服が含み、
その湿気が外に出ないからです。

相談されたお客様には、ゼロ歳時の子どもさんがおられます。
カビは、小児喘息の原因になるからと余計に心配されていました。

洋服のカビについては、責任をもって対応させて頂きますとお伝えしました。

お客様は、メモ帳持参でクローゼット等の今後のカビ対策に尋ねられました。

私が提案した対応策です。

① まずは、クローゼットのカビの除去です。
カビは、50℃の熱で死滅すると言われています。
蒸気スチーマーがあれば、10秒位かければ充分です。
スチーマーがなければドライヤーの高温で同程度かけてください。

②その後、消毒用アルコールで拭いて下さい。
この方法は、浴槽のカビ対策にも有効です。
お風呂なら、50℃のシャワーでOKです。
カビが死滅しても黒い部分は、残ります。
黒い部分はカビの死骸です。
浴槽用のカビとり洗剤を付けて、説明書通りに放置して、
擦らずにシャワーで流して下さい。

くれぐれも、カビとり剤は、洋服に付かないように!!
付くと洋服の色の脱色につながます。

③クローゼットに洋服を詰めすぎないこと。
また、衣装ケースをクローゼットに入れるなら、
空気の循環をよくするためにスノコをケースの下に入れる。

④クローゼットの中に除湿器をいれることが可能ならお勧めです。
据え置き型の薬剤の除湿剤は、あまり効果がないことも、合わせてお伝えしました。

皆さんの参考になればと書きました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント


認証コード1964

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional