京都市 東山区でシミ抜き実績60年 洗濯で落ちないシミ抜きや汚れ落としはクリーニング寿へ

クリーニング業界人としてやりきれない想いとは!?

クリーニング業界人としてやりきれない想いとは!?

少し前のことになりますが、2回目の来店のお客様の事です。

以前、アルバイト先のお寺の作務衣に墨が付いて、
なんとかして欲しいと来店れたお客様です。

夕方、5時過ぎ
「まだ、大丈夫ですか?」
と来店された。

「はい、8時まで営業ですので大丈夫ですよ」
とお答えしました。

画像の説明

画像の説明

パンツスーツ、スカート、Gパン
そして写真の黒のワンピースをお預かりしました。

「クリーニングに出したのですが、脇のシミが取れてないです。これって取れないのですか!?」
と。

確かに、他店で断られたり、汚れやシミの相談で来店されるお客様はおられます。
他店では、手に負えないだろうなと思うようなケースもあります。

写真のワンピースの脇のシミは、
汗を大量にかかれて、汗の中の塩分が目立っているのです。

夏物衣料には、よくあるケースです。
見た瞬間、これはひどいと。

依頼を受けたクリーニング店が
綺麗にしようとしていないように思えました。

単に、洗いとプレスをすれば、
クリーニング店としての仕事はそれで終わりなのでしょうか?

クリーニング業界人として、哀しくなります。

決して、他店を悪く中傷するつもりは、ありません。

それでも、
やはり、哀し過ぎます。

このブログは、クリーニング業界の人たちにも、読まれています。

もし良けば、
クリーニング店がこれでよいのか、
メッセージを戴ければ、有難いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント


認証コード7601

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional