京都市 東山区でシミ抜き実績60年 洗濯で落ちないシミ抜きや汚れ落としはクリーニング寿へ

衣替えの季節には、クリーニング料金のお問い合わせ

衣替えの季節には、クリーニング料金のお問い合わせ

衣替えの季節になると必ずある問い合わせは、
クリーニング料金の問い合わせです。

毎年毎年、
同じようにあります。

物を買ったり、サービスを利用したりする時、
やはり価格や料金が気になります。

お寿司屋さんで、
「アワビ、大トロ時価」
と書かれていたら、値段さえ聞きにくいのは、私だけでしょうか?

クリーニング料金もやはり、特別な事がなければ、
一般的な料金になると思います。
こんな感覚は、私がクリーニング業者だからかもしれませんね!?

毎年毎年、あるお問い合わせには共通した事があります。
それは、問い合わせされた方の大多数の方が、
クリーニングを依頼されないという事です。
なぜ? なぜ? なんでしょうか?

恐らく
料金を比較され、より料金が安いところを利用されたのかもしれませんね。

クリーニング店は、どこでも同じ。
同じなら、安いほうがいいと思われているのではと私は推測します。

〇〇食品の〇〇カレーなら百貨店、スーパー、個人店で買っても、同じ品質です。

個人的にに親しくしているとか、
その他
利便性などの理由を除外すれば、
やはり、価格の安い所から買うことになります。

それでは、クリーニング料金の高い安いとの判断はなんなのでしょうか?

衣類をクリーニングする目的は?

洗うという「目的」だけを求めるなら、
クリーニング料金が安いほうがいいと思います。

クリーニングの目的は、
もう一度、着用したいというお客様の要求に答えることだと考えます。
そして、出来るかぎり購入した時の状態に衣類を復元して、
お客様のもとにお返しすることだとも思います。

クリーニング料金を問い合わせされることも大切です。

ただ、クリーニング料金のみで判断されるのは、私は賛成できません。
本当は、クリーニング店を訪れ、クリーニングを依頼され、クリーニングの仕上がりで判断されるのが、一番だと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント


認証コード4896

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional