京都市 東山区でシミ抜き実績60年 洗濯で落ちないシミ抜きや汚れ落としはクリーニング寿へ

衣料品の品質保証について①

衣料品の品質保証について①

私が小学生だった頃(50年以上前)、
文房具店でボールペンを買う時、そこに白い紙が置いてありました。

そうなんです!
ボールペンからちゃんとインクが出て書けるかどうか、試し書きができるように白い紙が置いてあったんです。

今は、特殊なペンでない限り、紙は置かれていません。
ボールペンからインクが出て、字が書けることが「当たり前の品質」になっているからです。

それでは、衣料品の「当たり前の品質」とは、何なのでしょうか?

少なくとも、購入したシーズンは、
普通に着用して、衣類のメンテナンス等を行なうことで、
購入時の状態がある程度保てる。
それが、衣料品の「当たり前の品質」ではないでしょか?!

これは、以前、私が買ったブルゾンの話です。
お気に入りのブルゾンで、よく外出時に着用しました。

しばらくすると、どちらか忘れましたが、ポケットの中の縫い目が破れてしまいました。

仕方が無いので、反対側のポケットを使っていると、そちら側も破れてしまいました。

ブランド名を挙げれば、皆さんもよくご存知のメーカーさんです。

破れた部分を見ると、

薄いポリエステル素材の生地を太い針で、

縫い目のピッチ(間隔)も粗く縫ってありました。

「そりゃ破れるわ!!」と思いました。

ポリエステル素材は、少々薄くてもそこそこの強度があります。
しかし、太い針でピッチも粗ければ、太い針で空いた穴と糸のすき間が広くなり、縫い目の強度が低下します。
細い針で通常のピッチで縫製すれば、破れることはなかったと思います。

このことは、縫製のことを少し学ばれた方なら、
お解りになると思います。

なぜ、太い針でピッチも粗く縫われるのでしょうか?
メーカーさんに、なぜ太い針を使うのか? と尋ねたことがあります。

針折れが困るからだそうです。
針が折れるとその交換に時間が取られるのが困るのです。
また、高速ミシンで縫製されるのですが、ピッチがあらければ早く縫い上がります。

それもこれも コストダウンするためです。

お客様のブルゾン、コート等をクリーニングでお預かりする時、
着用中に裏地が引っ張られて生地が破れているのを、よく見かけます。
通常の着用に耐えない !!
変ですね!?

私は、自分のブルゾンの状態をメーカーさんにお伝えしました。
メーカーは、着払いで送って欲しいと。
しばらくすると、メーカーさんからブルゾンが戻ってきました。

今後、このようなことがおこらないようにするというお手紙と
「新品のブルゾン」が!?

これもコストダウンのなせる「わざ」なのでしょうか?!
なんか変だと思われませんか??

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント


認証コード2513

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional