京都市 東山区でシミ抜き実績60年 洗濯で落ちないシミ抜きや汚れ落としはクリーニング寿へ

家庭での洗濯・シミ抜き - シミ抜き実績60年 洗濯で落ちないシミ抜きや汚れ落としは京都 東山区 クリーニング寿へ

トップ > 家庭での洗濯・シミ抜き

家庭での洗濯・シミ抜き


食事中にシミがついた時のプロがおすすめする対処方法

あなたの大切なお洋服が汚れてしまった、シミがついた時、
慌てられると思います。
ご自分ですぐに対処できればと思うかもしれません。

ご家庭での洗濯やシミ抜きをする際に知っておいていただきたいことをお伝えします。

一番最初にすることは、
シミのついた裏側にハンカチやティッシュを敷いて、
シミが広がらないようにすることです。

よく、熱いおしぼりで擦って拭かれる方がおりますが、

それはNGです。

おしぼりの中には塩素系の漂白剤が含まれています。

塩素系の漂白剤は、衣料を脱色させることがあります。
また、熱いおしぼりで拭くとタンパク質が硬化して、繊維の中で固着して残ってしまいます。
固着した場合には、タンパク分解酵素で分解しなければならなくなり、かなり高度なシミ抜き技術が必要になります。

プロの私でも、外食中には、
シミのついた裏側にハンカチやティッシュを敷いて、シミが広がらないようにします。
それ以上のことは不可能ですし、余計なことはしないようにします。

シミがついたときに、自分で取ろうとしてインターネットで検索する人が増えてきました。
そこにある情報は、プロの私からみて、正しい情報もあれば、疑問に感じる情報もあります。
家で洗えないような大切な洋服については、まずシミ抜きをする前にプロのクリーニング店に相談されるのがベストです。

家庭で洗える洋服をダメもとでシミ抜きをするのは構いませんが、
それでもやはり、
家庭洗濯される場合でも事前にプロのクリーニング店に相談されるのがオススメです。

当店では、クリーニングに関する相談は無料で承っております。

※担当者が不在の場合には、すぐにお返事できないことがございます。
その場合には折り返しお電話差し上げます。

※スマートフォンをご利用の方は以下の画像をタッチすると電話をかけられます。

まずは無料相談 無料状態診断 電話はこちらへ


powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional