京都市 東山区でシミ抜き実績60年 洗濯で落ちないシミ抜きや汚れ落としはクリーニング寿へ

浴衣のクリーニング出来ますか?

浴衣のクリーニング出来ますか?

京都では、7月の祇園祭が始まるころから、
クリーニング店に浴衣のクリーニング依頼が出始めます。

いざ着ようと思って浴衣を出してみたら、
洗っていなかったと慌ててクリーニング依頼される方もおられます。

また、祇園祭の宵山で着てクリーニング依頼される方もたくさんおられます。

先日、「浴衣のクリーニング出来ますか?」と電話での問い合わせがたて続けにありました。

「はい、出来ます」とお答えしました。

「料金は、いくらですか?」

「税別で1,545円です」と。

電話でお答えしてから、
何故、このような問い合わせが続いたのかと考えてみました。

浴衣はクリーニング店にとって
すこし面倒で、手間のかかる商品です。

洗って、糊付け、乾燥、そして仕上げしやすいように霧吹き等、
作業行程数が多いのです。

特に、
濃色の浴衣は色泣きすることがあります。

色止めの技術のないクリーニング店にとっては、あまり引き受けたくない商品なのです。

作家が作られる高級浴衣は、特に染色堅牢度が低い(色が出やすく、色泣きする)ものが多いように感じます。

そのような理由からでしょうか?

浴衣のクリーニングを断るクリーニング店もあります。

また、
お客様からクリーニングに出させないように仕向けるために、
特段に高い料金を請求されるクリーニング店もあります。

浴衣のクリーニング出来ますか?

という電話の問い合わせがあるのは、
クリーニング業界の問題かもしれませんね!

このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント


    認証コード8700

    コメントは管理者の承認後に表示されます。

    powered by Quick Homepage Maker 5.1
    based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

    最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional