京都市 東山区でシミ抜き実績60年 洗濯で落ちないシミ抜きや汚れ落としはクリーニング寿へ

クリーニングのプロおすすめの 「デニム製品(ジーンズ)のお手入れの仕方」

クリーニングのプロおすすめの 「デニム製品(ジーンズ)のお手入れの仕方」

画像の説明

画像の説明

デニム製品とは、縦糸にインディゴで染色された10番手の糸。
緯糸に未晒し糸で綾織された 綿織布のことです。

写真にあるように、ジャケット、ジーンズによく使われています。

インディゴ染料は、元々天然染料でしたが、現在では人工的に作られています。

お客様から、尋ねられるお手入れについての代表的な質問は3つです。

①洗わないほうが良いのか?
もちろん、洗ったほうがよいです。
着用によって、必ず汚れます。
汚れることによって、染料(色)を劣化させたり、繊維自体を脆弱化させるからです。

②長持ちする洗い方は?
お気に入りの衣類なら、
出来る限り物理的な力を加えず手洗いを。
比較的低価格の商品なら洗濯機で。
ダメージジーンズなどは、ネットに入れて洗濯機で洗ってもいいと思います。
これらの製品は、洗うことによって味がでます。
その変化を楽しむ。おしゃれですね!

③色落ちさせずに洗うには?
ここで、洗う前の注意事項です。
購入された新しい製品は、
形態の安定の為や風合いをよくみせる為、
糊や色々な加工剤がついています。

洗うことにより、それらが落ちます。

また、防縮加工されていないものは、必ず縮みます。

それらの事は、全ての繊維製品に共通したことです。

プロの私が洗っても、程度の差はあれ、必ず縮みます。

それは、ドライクリーニングでも同じです。

3%程度の+-は、法定収縮率の範囲内です。

そして、最も大切なこと!
それは、洗剤と洗う水の温度です。

画像の説明

洗剤容器の写真を見て下さい。
そこに、蛍光増白剤と書かれています。
これは、白いものをより白く見せかけるための一種の染料です。
白い下着などを洗うには最適ですがインディゴ製品には、不向きです。

また、インディゴ製品に限らず、色柄の繊維製品に向きません。

お薦めする洗剤は、中性のオシャレ着洗剤です。

洗う水の温度は、ぬるま湯がお勧め。

高い温度の水で洗うと、
インディゴ染料の挙動が高くなって、色の引き出しが高くなります。

また、中性洗剤は、少々濯ぎが不十分でも製品にダメージを与える事がすくないからです。
洗う時間は、10分位で。

大部分の汚れは、5分程度で落ちます。

洗った後は、必ず柔軟剤を使って下さい。

脱水は、少し弱めで。

高密度で織られた製品は、洗うと固くなります。

固くなった繊維を強く絞ると、形になって、その形がとれなくなるからです。

最後に、絞った後の乾かし方です。

乾燥機のあるお家は、5分位かけて下さい。

そして、
裏返して、軽く叩いて長いままバンカーに掛けて下さい(乾燥機のないお家も)。

裏返して乾かすのは、直射日光の紫外線の作用で染料が脆化するのを防ぐ為です。

長々と書きましたが、
どうぞ、ファションンライフをお楽しみ下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント


認証コード3612

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional