京都市 東山区でシミ抜き実績60年 洗濯で落ちないシミ抜きや汚れ落としはクリーニング寿へ

黄色くなった両脇の汗ジミの除去

黄色くなった両脇の汗ジミの除去

画像の説明

ネット検索で初来店されたお客様から、
シルクのウェディングドレスの両脇の汗ジミの除去の依頼を受けました。

六年前、結婚式で着用後クリーニングに出されたそうです。
お友達の結婚式に貸すことになり、
思い出のウェディングドレスを取り出したら、
両脇の汗ジミを見つけられ来店されたのです。

簡単なシミ抜きテストを行いました。
やはり六年前のシミはかなり頑固です。

どこまで綺麗に落とせるかは、
本格的なシミ抜き作業しなけば判りませんがとお伝えして、お預かりする事になりました。

このブログを読まれた方の中には、
「クリーニングに出したのに、どうしてシミになるの!?」と感じた方もおられると思います。

その理由は、
汗ジミは、その時には目立たず、時間経過とともに浮き出てくるためというものです。

そう言えば、そのような事があったなと心当たりのある人もいらっしゃると思います。
今回のケースも同じです。

クリーニング依頼されてる時は、汗ジミは、目立っていなかった思います。

だからこそ、クリーニング依頼されてる時、
特に両脇に汗をかいたとクリーニング店に伝え事が必要なのです。

さすがに、六年前のクリーニングの責任をクリーニング店に求めるのは、酷な話です。
クリーニング賠償基準では、クリーニングを受け取り後、
六ヶ月以降はクリーニング店に賠償を求める事は出来ない事になっています。

幸いな事に、
今回のケースは、上手く汗ジミを除去することが出来ました。

写真で、ビフォーアフターしたかったのですが、残念ながら上手く撮影出来ませんでした。


画像の説明

もう一つの写真は、結婚式の披露宴で着用されたワンピースです。
特に両脇にいっぱい汗をかいたと、当店にクリーニング依頼された品物です。
今度、いつ着るか分からないけれど、
今度着る時に両脇が黄色くならない様にと、持ち込まれました。

以前ご利用されていたクリーニング店で、
ウェディングドレスの方と同じ経験をされたお客様ようでした。

また、同じような事にならないかと思われて、ご自分で洗濯をと思われたそうです。

当店をご利用のお友達から
「そんな事をしたらワンピースが台無しになる」と言われ、
当店を紹介され来店されました。

光沢のある黒のレイヨン糸をふんだんに使ったかなりグレードの高いワンピースです。

やはり、
当店のお客様の言われた通り、ご自分で洗濯されていたら、
回復不可能になる恐れのあるワンピースでした。

両脇の汗を前処理(汚れを落ちやすくする為に洗浄工程の前にする作業)で入念に行い、洗浄、プレスしてお渡ししました。

汗は衣類にとっては、黄変等の危険がいっぱいです。
くれぐれもご注意下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント


認証コード3264

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional