京都市 東山区でシミ抜き実績60年 洗濯で落ちないシミ抜きや汚れ落としはクリーニング寿へ

アパレルメーカーからの問い合わせ!?

アパレルメーカーからの問い合わせ!?

ホームページでブログを書くようになってから、
いろんな問合せがあるようになりました。

その問合せの多くは、一般の人達です。

ところが、
「〇月〇日のブログについて、お尋ねしたいのですが?」
という電話での問合せがありました。

「ブログは、私が書いていますが、
〇年〇月〇日のブログと言われても覚えていません。
どんな内容のブログですか?」
と聞いてみました。

そのブログは、
ある加工のクリーニングトラブルについてのブログでした。

お話しを聞いているうちに
「なんか変だなぁ!」
と思うようになりました。

最初は、一般のお客様と思ってお話を聞いていたのですが、
専門的な知識もあり、ボーケン(注)など検査機関の名前など出されるので、
メーカーさんのお方ですか?と尋ねました。

(注 ) ボーケンとは、日本紡績検査協会の通称で、繊維製品の品質検査なとを主にされるところです。

やはり、あるメーカーさんでした。

消費者からのある加工の脱落のクレームの対応に困られていました。

ボーケンさんにも相談されたそうです。

そこで、
取扱絵表示、どの程度の脱落をお尋ねしました。

メーカー曰く、
電話での対応だけで、事故品を観ておられないのです。

ボーケンさんに相談されても、お答えが返ってこないはずです。

「良ければ、
取扱絵表示どおりの取り扱い作業をしますよ!」
とお伝えしました。

お客様との約束の期日が迫っている、とのことでした。
「きっちりと、原因解明したいのでとお客様に了解をもらわれたら」

アドバイスしたのですが、お断りになられました。

やはり、事故品を観ずに原因解明などできません。

このことは、お客様からの電話での相談と同じです。

「家で洗ったら、色が移った?縮んでしまった?直りますか?」
と同じです。

頭やお腹が急に痛くなった時、
お医師さんに電話で、
「お腹が急に痛くなったのですが、治りますか?」
と電話されるのでしょうか!?

それにしても、メーカーさんの相談は、想定外でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント


認証コード5088

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional