京都市 東山区でシミ抜き実績60年 洗濯で落ちないシミ抜きや汚れ落としはクリーニング寿へ

冬物衣料を慌ててクリーニングに!?

冬物衣料を慌ててクリーニングに!?

先週から急に寒くなってきました。
突然の大雪で大変な被害に遭われている方もいらしゃいます。
早く復旧されるといいのですが。

急に寒くなって、クリーニング店では、
冬物衣料やコタツ布団などのクリーニング依頼が増えてきています。

さて、寒くなって、冬物衣料を着ようとしたら、
春の衣替えの時に、クリーニングに出すのを忘れ、
慌ててクリーニング店に来られお客様が増えています。

このような事は、毎年のことなのです。

お客様によっては、
着用する前にクリーニングに出すほうが、保管中のシワなどがいかず、
そのほうが合理的と思われている方もおられるようです。

確かに、一見合理的だと思われますが、
衣類をメンテナンスする立場からは、
「それは、違いますよ」とお伝えしなければなりません。

冬物衣料といえども、しっかり汗が衣類についています。
冬の汗は、流れ出る夏の汗とは性質が異なります。
冬の汗は、夏の汗と違い、水分が少ないので、
汗の中の成分濃度が高いのです。

満員電車の中で何か蒸れた臭いがするのは、その汗が原因です。

また、湿度の高い梅雨、暑い夏の季節を経て、衣類に付いた汚れやシミは、固着化が生じたり、シミが変質して黄変したりします。

このような時は、
綺麗にクリーニング出来ない時もあります。

やはり、着用シーズンが終わればクリーニング依頼されることをお勧めします。

せっかく気に入って買われたお洋服がひとシーズンで着られなくなら、悲しですよね!!
洋服も悲しいと思いますよ!!

わたしは、洋服と話せますから解ります(微笑)。

あと少しで今年も終わりです。

この機会に、夏物衣料のお手入れの済んでいない物がないかを、
ぜひ調べて下さい。

家庭洗濯できるものは、家庭で!!
プロのクリーニング店に依頼するもは、クリーニング店へ。
少し、宣伝しました(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント


認証コード2034

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional