京都市 東山区でシミ抜き実績60年 洗濯で落ちないシミ抜きや汚れ落としはクリーニング寿へ

タグは何のためのもの?

タグは何のためのもの?

タグ
クリーニング店の仕事のとしては、
クリーニングした衣類を、
正確にお客様の元にお返しするということも大切な作業です。

どのお客様の衣類かを特定するために、
クリーニング店ではタグをつけて管理しています。

なので、

衣類からタグが外れたら、作業場は大騒ぎです。

外れたタグが見つからなかったら、
当日仕上がり予定の全ての商品を検品し、
お客様の預かり商品と照らし合わせをしなくてはなりません。
すべての商品を検品して、外れたタグを特定させます。

もし、同じ商品から2枚タグが落ちてしまった場合、事態はもっと深刻です。
例えば、Aさんから預かったカッターシャツと
Bさんから預かったカッターシャツから、タグが落ちてしまったら、
その2枚のタグは、どちらがどちらのものか特定することはできません。
お客様に直接確認していただく必要があります。

どちらのカッターシャツが、どちらのお客様の物なのか、
クリーニング店では、わからなくなってしまうためです。

それほど、クリーニング店にとって「タグ落ち」は、大変な事なのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント


認証コード7620

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional